住宅ローンとの違いは? | お金借りたい?消費者金融の即日融資。

住宅ローンとの違いは?

ここで気になるのが、
リフォームローンと住宅ローンの違いは
どこにあるのかということです。

住宅ローンは住宅を購入するために
ローンを組むものになります。
融資金額もほかの目的別ローンに比べて
大きな金額
になります。

金利はほかの目的別ローンに比べて
低いということになります。
また、住宅ローンの場合は担保を設定する
必要があるものが多いです。
リフォームローンの場合は無担保型の場合は
融資額の上限が500万円から
1,000万円程度のものが多いかもしれません。

有担保型の場合であれば、
融資額が1,000万円を超えるものもあります。
住宅ローンに比べても金利は高めになります。
リフォームローンは住宅ローン
一般的な返済期間である35年に比べると、
返済期間は最長10年から15年ということで
短くなります。

中古住宅を購入する時に
リフォームを行った場合は、
中古住宅の購入代金と共にリフォーム代金も
併せて住宅ローンで借り入れを行うことが
できるような金融機関が増えてきています。

住宅ローンで買い入れを行った場合には
金利が安いですし、
担保の設定も一度で済みます。

住宅を購入するための住宅ローンと
リフォームをするためのリフォームローンを
個別に申し込む
よりもお得になるケースが多いです。

ilm2007_04_0112-s


Comments are closed.